オーディオ・サイバネティックス・オンラインショップ

お知らせ

  • クリストファー・カレルのプロフィール (2010/09/30)
    Christopher Currell(クリストファー・カレル)
    音楽プロデューサー、ギターリスト。シンセサイザーの最高峰シンクラビアの先駆者であり、最先端楽器Ztar演奏の第一人者。クインシー・ジョーンズ、ポール・サイモン、スティービー・ワンダーなどと音楽制作に携わり、冨田勲や喜太郎など第一線にいるアーティストたちとも親交が深く、東京ディズニーシー「インディー・ジョーンズ」の3Dサウンドエフェクト等を担当。マイケル・ジャクソンのプラチナアルバム「BAD」制作と全世界でのコンサート等マイケルの全盛期を支えた実績をもつ。米国音楽業界の影の立役者。現在は創作活動の場を日本に移し、ishwish(イシュウィッシュ)というサウンドのバイブレーションを使ってリスナーの心をやすらげ、意識を高め、宇宙と意識をつなげる即興による音楽を中心に楽曲制作や演奏活動を行っている。新たにPlenum Void(プレナム・ヴォイド)という若者を対象にしたグルーブのあるエネルギッシュなの演奏活動を行う。プレナムとは「物質で充満した空間」、ヴォイドは「物質が全くない空間」を意味する。全ての可能性が潜んでいる何もない空間、つまり「無からの創造」。プレナム・ヴォイドの音楽を通して若者にポジティブなメッセージが伝わり、彼らにワクワクするようなインスピレーションが湧くことを願っている。

    2012年11月にサウンドバイブレーションを使って、リスナーを宇宙につなげ、意識の拡張を促す新しいプロジェクト、カレルエフェクトを開始する。2013年11月に、クリストファーの今までの活動を一カ所に集めたトランスフォーメーション・ツールズを開始する。2014年5月に、より高度で最高級のヘッドフォンシステムを使ったCEX - カレルエフェクトXを開始する。2015年3月にカレルエフェクトはより洗練されパワフルになり、標準化される。2015年8月にカレルエフェクトのプラクティショナープログラムを開始し、トレーニングを受けた認定CEPが誕生する。
    トランスフォーメーション・ツールズ公式サイト
    カレルエフェクト ブログ
    Audio Cybernetics公式サイト
| ホーム |

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 オーディオ・サイバネティックス・オンラインショップ. all rights reserved.